先輩は今

DSV1900というチームにて。

とある暑い日、宮古島の前福運動場の隅で、ひとりサッカーボールを蹴る青年がいた。見知らぬユニフォーム、どこかのゲームシャツを着て、ひたすらボールを壁や階段に向かって蹴っていた。宮古島の社会人らしき年齢と風貌にしては、真剣にボールと向き合うそのストイックな姿勢に、ただならぬ気配を感じたのを覚えている。

その青年が、2017年5月にドイツ6部リーグのDSV1900に移籍した友利選手だと、のちに宮古毎日新聞の記事で知った。

↓クリックで宮古毎日新聞の該当記事へ

↓生々しいドイツでのサッカー生活を垣間見れる友利皓選手のブログ

↓DSV1900 チーム公式サイト

↓移籍発表エージェントサイト

↓友利選手が在籍していた大学のサッカー部

遠い異国ドイツの地へ、たった独りで移り住んだ島の先輩が、自分とサッカーと真剣に向き合い、さらなる高みを目指して今日も頑張っている。

僕らの先輩Jリーガー

注目の情報

PAGE TOP