コーチに突撃

YAHATA F.C. 鈴木コーチ

去る2017年12月23日、「U-12おきぎんカップ決勝トーナメント」の当日、子供達の試合を観戦しに前福グラウンドに訪れていた、鈴木 卓宗コーチに話を伺った。とあるご縁で数日前に宮古南FCの臨時コーチを担当した、東京都は世田谷区からお越しのYAHATA F.C.のコーチなのだ。

JFA公認C級指導者ライセンス
JFA公認キッズリーダー
YAHATA F.C. U12担当ヘッドコーチ

↓YAHATA F.C.の公式サイトはコチラ↓

サッカー王国静岡で幼少期を過ごし、上武大学サッカー部時代は主将も勤めた鈴木コーチ。ブラジルへのサッカー留学経験もあり、現在は子供達のサッカー指導にあたりながら複数のフットサルチームを掛け持ちするバリバリの現役選手でもある。

Q.宮古島の子供達って、東京世田谷の子供達と比べて、鈴木コーチにはどんな風に見えました?
A.ガツガツ感がありますね。前のめりな感じがとても印象的でしたよ。東京の子供達は、習い事の1つとしてサッカーを教えてもらいに来てる、そんな感覚の子が最近多い気がします。それに比べて宮古島の子供達は、上手くなりたいという意欲が高いというか、心からサッカーを楽しんでる、そんな感じを受けましたね。

普通に観光旅行としてココ宮古島を訪れた鈴木コーチ。宿泊先での出逢いがさらに出逢いを生んで、宮古島の子供達への臨時サッカー指導(宮古南FC)、三線ライブ居酒屋(島唄楽宴ぶんみゃあ)での島人の忘年会へ臨時参加、さらには島内のサッカースクール=INDEPENDIENTEの合宿2日目のミニゲームにも飛び入り参加し、屈強なINDEPENDIENTE JAPAN MIYAKOJIMAのコーチ陣を相手にしたタフな試合でも、さすがの”キレのある動き”を披露しまくるなど、オトーリあり、サッカーありまくりな、かなり濃い~宮古旅になった模様。

→宮古南FCブログはコチラ
→島唄楽宴ぶんみゃあのホームページはコチラ
→INDEPENDIENTE JAPAN MIYAKOJIMAの公式サイトはコチラ

「全然こんな予定じゃなかったんですけどねw」
そう言いながら日焼けした顔で嬉しそうに笑う鈴木コーチ。
また是非、宮古島でお会いしましょう!

僕らの先輩Jリーガー

注目の情報

PAGE TOP